FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.04.25.定演(四)
(ここまでのあらすじ…定期演奏会を見に行ってみた。)

■M
今回はじゃず研の舞台に初めて欠席した。

これまではじゃず研のイベントが生活の中心で予定も都合もすべてそれに合わせて参加してきたものだから、ただ見ているだけの聴衆という位置は慣れないことおびただしい。気楽ではあるけれど座りが悪い。

卒研に腰を入れるため出演の誘いを丁重に断ったのはじぶんだった。結果、奇跡的に学業を終えられた。だから文句のあろうはずはない。それにいつもは自分の出番に集中するあまり、他の部員だの友人だのの演奏をほとんど聴けない。たまには腰を据えて鑑賞してみるというのもまあいいかと思っていた。

思っていたのだけどつまらなかった。


会場でぼんやりと眺めていると、部員の悲喜こもごもがあれこれ見える。

出番前、がちがちに緊張するもの。絶望するもの。諦観するもの。そうでもないもの。必死に譜面を見ているもの。あんぱんを探しているもの。

出番中、集中するもの。不意のアクシデントにまごまごするもの。音で会話するもの。しないもの。プレッシャーと闘うもの。心底楽しそうに他の奏者の演奏を見ているもの。

出番後、泣いているもの。笑っているもの。取り返しのつかない十字架を背負ったような面持ちで黙っているもの。放心しているもの。ただ疲れて眠そうなもの。寝ているもの。

どれひとつとっても過去がよみがえって仕方ない。
うらやましくて仕方なかった。仕方なくてつまらなかった。
それで割と静かにしていた。

私は練習をしないのに目標だけは高い困った人間だったから、湧き上がってくるのはうちひしがれていた思い出ばかりだ。だから浮かれている人間のことはよくわからないけれど、沈んでいる人間はなんとなく考えていそうなことがわかるように思う。

この後、じぶんに絶対的に足りていないものに直面して苦難の道を辿ることになるはずだ。

モダンジャズの根幹である「即興で演奏をせよ」という精神にはどうにか慣れた。それはいい。
その後、ではそれは音楽か。と問われて答えることができるか。



以下ちょっと長く書く。
【付記】
スポンサーサイト
2006.03.04.定演(三)
■softly
一日目は気が塞いでいた。

人に会えばそれなりに話はするし、熱い演奏を見ればはしゃぎはするのだけど、気を緩めるとだめだった。びっくりばこの中身がひとしきり揺れてから箱に帰るみたいに、ぺしゃりとなって、やがてだまった。むだ毛バンドの後は一人で聴いた。

ジャズという音楽は、どうしてこんなにも聴き手の心に影を落とすのだろうか。

旋律が暗い曲やブルーな曲はもちろん、ど長調の明るい曲にも、やはりどこか陰影を帯びて聴こえる。翳っている。にじんでいる。ような気がする。ことがある。

そんなことを思った。

気がつくと、家を出る前にきちっと閉じてきたはずのあたりにいつのまにか音楽が演奏が忍び込んで、鳴り響いていた。

眼窩付近から液状のものが出て止まらず難儀した。
音楽は不思議だなと思った。

<二日目>

■も
二日目はこの「も」トリオの途中から。
楽しみにしていたのに少し見逃した。

一昨年の定演で『枯葉』の名演を観てから、ごくひそかにこのトリオのファンだった。一年生の時から頭抜けた演奏をしていた割に何か常に不満足そうなトリオで、うかつに「感動しました」などと言うとたいてい「あ、ほんとにー」「そうすか?」と微妙な笑顔で返されるのだった。

昨年は『All The Things You Are』がかなりなことになっていた記憶があるのだけど、最近聞いたところによると本人らはこれっぽっちもできばえに納得しておらず、その後も演奏するたびにへこみ、長く課題曲となっていたそうだ。

褒めがいは、ない。


今年は『My Funny Valentine』一曲ぎりだった。

楽しみにしていたのに、途中から見たせいか曲のどこかからフリージャズになっていたのしか覚えていない。遅れをとった。ベースAMN氏に寄せて一言書きたいのだけど、困った。

今こんなところで明らかにしなくてもいいのだが、四年もジャズ研究会などというサークルに入り浸っていながら、じぶんはいまだにベースプレイの良し悪しがわからない。

せいぜいがところ「カッコいい」「そうでもない」くらいのことしか言えず、しかしそんなくだらないことを言ったとて彼の乾いた魂はうるおわないのだ(たいていその日の出番を終えると控え室などでへこみきっているのに、悪いことにこの時ばかりは上機嫌で、適当にほめるというわけにも行かず、また始末が悪かった)。

どうしたものか。

仕方ないのでもう一度録音を聴いてみることにする。
我ながらねっしんな信徒である。

2006.03.04.定演(ニ)
■司会
今回初、ばんど入れ替わりの幕間に、「MC」の導入が試みられた。

この大役にばってきされたのが、ジャズ研のイベント前になると必ず「遠くを全力疾走していた」「鉄棒で懸垂していた」、などと目撃談が出るので有名な、ある青年であった。

常ににこやかかつさわやかで物腰ていねいなのだけど、そのくせ、なぜか相手に誠意というものがみじんも伝わらない悲しい人柄で、我々としてはいわゆる<彼=うそくさい>の式でよく知った人物である。いつでも成り立つ安定したうそっぽさには定評があった。

ただどういうわけかひとたびマイクを持って語り始めるとなかなか堂に入ったもので、前大祭ではみずからのバンドの解散宣言を行い、胸を打つスピーチで聴衆の感涙を誘った(メンバーは必死に笑いをこらえてふるふるしていた)。
知らぬ人から見れば、なにかしら訴えかける力はかなりのものらしい。
そのマイク術を買われ、晴れて大役、総合司会である。

青年が世間と来場客をどこまでだましおおせるのか、見ものではあった。

杞憂であった。

見事に進行していた。楽隊が演奏の準備をしているあいだじゅう、青年はしゃべり通した。楽隊の結成のいきさつだの、アピールポイントだの、抱負だのなんだの、曲の解説だの、果てはジャズの歴史講座なんてものまで語っていた。徹底して無為な時間を作らないようにしていた。なかなかだった。なかなかに騙していた。

仕事の完成度の高さはおそらく事前の入念な準備によるところが大きい。原稿係との打ち合わせも怠りなく、当日も持ち歩いていた大荷物の中、ちらりと見えた分厚い資料の束が手間のかかりようを物語っていた。

うそくささも大事にしつつ、しかし何も知らぬ一観客として観ていさえすれば、たいそう立派な進行であったことだろう。来場者に寄せてもらったアンケートにも、事実、数多く彼の名があがっていた。*相当の演奏でよほど感動した場合などでなければこんなには反響は来ないと思う。

間違いなく今回のMVPの一人だった。
だから来年に向けてじゃっかんの心配も生じた。

こんな流暢に(かついんちき臭く)うんちくを語れる人材が来年もいるだろうか。
いやそれよりなにより、白無垢のジャケットなぞ持っている人材がいるのだろうか。

aeg.jpg

電球の真下、光線を受けてまばゆいばかりの彼を誰が代理できよう。

次回以降の課題としたい(続)。

*余談だが、一日中司会業をこなしていた一方で彼の出番での演奏時間はまことに短く、もはや大御所の格を見せつけていた。

2006.03.04.定演(一)
ジャズ研の定期演奏会に行った。

今年は画廊を借り切っての開催だった。
会場がそれまでよりずいぶん小さくなった。例年おおきなホールを借りていてやや客席があまりがちだったのだけど、この画廊ではほどよく埋まっていた。上階が吹き抜けになっていて奏者を見下ろせるというのもざんしんで、色々と新鮮だった。

二日とも朝遅く起きてから行ったので半分ほどしか見られなかった。
印象的だったことなど、いくつか。


■ABばんど 
AB氏の演奏を見られる機会はこれまで非常に貴重なものだった。
本人がしばらくイベントなどから遠ざかっておられたのもあるし、セッションなどで顔を合わせることもまれだった。それで定演への出演を決定なされたのを知って、楽しみにしていたのであった。

よくいえば未知数の(普通にいえばよくわからない)プレイスタイルも魅力といえば魅力であったが、なにかのきっかけでいきなり化けそうな、眠れるなにものか、のような。あるいは、何が起こるかわからない、一寸先は闇、のような。そういう期待の方が勝っていた。

しばらく演奏を見ていない。
どうなるかまるでわからない。
定演初日、五時くらいに会場の画廊に到着した。

AB氏の出番が少し始まってしまっていたようだった。

ピアノWTNB、ドラムYNG、ベースIMIZMの各氏が演奏している。
WTNBさんがすばらしく、思わず演奏に聴き入る。
そして会場をふむふむ見回してみた。

入り口にAB氏がいた。
曲間に拍手をしていた。
楽隊の演奏が終わると照明をいじっていた。


え、あの、出番は?


なんでも直前に手を怪我されて、やむなく出演を断念されたのだとか。

なんということか。
できれば演奏において裏切られたかったのだが。
ぜひ次の機会を見てみたい。お大事に。


■むだ毛ばんど
前回の大学祭から登場した、過剰な楽隊。
何が過剰かというと人員が過剰だ。
コンボ編成なのに総勢七人、今回はテナーサックスが三人にピアノが二人(うちひとりはピアニカ担当)という相変わらず気の狂った構成であった。

怖いものみたさで非常に楽しみにしていた。
けれど通常の意味ですごかった。

個々の実力が確実に増していたのもさることながら、編成・編曲の妙というべきか、過剰なガッキが必ずしも過剰でなかった。配置、演出、小ネタなどなど、案をこらしてきたらしく思われる。ACT氏他楽員らの秘めた熱意に打たれた。

そして特筆すべきはピアノのOYM氏、いや、OYM先生だった。
格段にうまくなっているのに(「いるのに」なのか「いるうえに」かそれとも「いるくせに」か、本当に迷うのだけど)、とにかく、特徴であったところの予測不能さはそのままだった。ジャジーなピアノのさなかに突然すごいところですごい音が鳴る。

華麗と混沌との優雅な結婚。
『SUMMER TIME』は上で知人と大はしゃぎして聴いた。
司会者に後でおこられた。

かなりな楽隊だった。
ぜひまた見たい。

■司会

えいじという名のケンスイ青年であった(続)。

2005.11.28.祭後(二)
■ギターだけの悪夢トリオ(TOO MUCH GUITAR!)

かれこれかんがみてみると、三日目のこのトリオがいちばん上首尾だったように思える。正確に言うなら、本編を披露する直前の、曲紹介のバックで弾いた『In A Sentimental Mood』が、だ。

これは『意味無いじゃん』とともに入部当初からいつかやりたかった曲で、少し無理を言ってこのトリオでやらせてもらった。本当はバラードの曲なのだけど、少し速めのシャッフルで、そしてブルースを込めて弾いた。

しんとした会場に、旋律が吸い込まれてゆく。
ぞっとするほど恐ろしく、またここちよい。
ベースもピアノもドラムもいない。
薄い伴奏だけを下地に、音が足元から浮かび上がって、消える。

隔離独奏を余儀なくされた二日前と、似ているようで何もかも違っていた。綱渡りのロープの上を駆け抜けるようだった。テンポは御機嫌、けれど音は最小限しか鳴らない。楽曲はこの手の中にあって、じぶんの奏でるほんのひとしらべで何もかも台無しにできるあやうさと、譜面を走り抜ける楽しさ。怖くて仕方がない。楽しくて仕方がない。いつまでも弾いていたい。恐怖と快楽が溶け合った。

わずか三分にも満たない、共弾したIモチさんの助け舟のおかげでようよう終われたテイクではあった。けれど、四年というもの、ジャズ研究会というところにおいて「ジャズ」で褒められたことが殆どないわたしが、たぶん最も音楽を弾けた瞬間であったと思う。でも。

「さほど『よかった』との噂は聞かれませぬが。」

静かな声だった。

先日ちょっ、とした知り合いにその旨報告した際の御返辞である。
常にも増して痛いところを言うのである。胸を突かれた。

気にはしていたのだ、それは。ブログだのHPだの、知人のサイバースペースのどこかしこを見ても、「おもしろかった」という不本意な感想こそあれ、確かに賛辞は寄せられていないのだ。

いったいどういうことだ。ここを褒めずしていったいいつ褒めるというのか。

Iモチさんのいえーなプレイ、トシミツさんに借りた名ギター、ユビが擦り切れるほど弾いた前夜までの隠れリハーサル、間違いなくベストのテイクだったのに。

腹に据えかねるので、断固として証拠物件を提出することにした。MDをダビングして差し上げてやれ。聴衆の記憶はもうとっくに霞んでしまっているだろうから、その耳に訴えるしかなかろうというものだ。

思えば、この人には褒められた記憶がまるで無い。一緒にケーキでもつけておけば少しは甘口になるだろうか。こうなったら茶も添えよう。それにしても「袖の下」がケーキだとクリームがついて、嫌だな。和菓子はその点、よく出来てるな。

と、どうでもいいことをくよくよ思って、もう冬が来ている。
【付記】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。