FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.04.25.定演(四)
(ここまでのあらすじ…定期演奏会を見に行ってみた。)

■M
今回はじゃず研の舞台に初めて欠席した。

これまではじゃず研のイベントが生活の中心で予定も都合もすべてそれに合わせて参加してきたものだから、ただ見ているだけの聴衆という位置は慣れないことおびただしい。気楽ではあるけれど座りが悪い。

卒研に腰を入れるため出演の誘いを丁重に断ったのはじぶんだった。結果、奇跡的に学業を終えられた。だから文句のあろうはずはない。それにいつもは自分の出番に集中するあまり、他の部員だの友人だのの演奏をほとんど聴けない。たまには腰を据えて鑑賞してみるというのもまあいいかと思っていた。

思っていたのだけどつまらなかった。


会場でぼんやりと眺めていると、部員の悲喜こもごもがあれこれ見える。

出番前、がちがちに緊張するもの。絶望するもの。諦観するもの。そうでもないもの。必死に譜面を見ているもの。あんぱんを探しているもの。

出番中、集中するもの。不意のアクシデントにまごまごするもの。音で会話するもの。しないもの。プレッシャーと闘うもの。心底楽しそうに他の奏者の演奏を見ているもの。

出番後、泣いているもの。笑っているもの。取り返しのつかない十字架を背負ったような面持ちで黙っているもの。放心しているもの。ただ疲れて眠そうなもの。寝ているもの。

どれひとつとっても過去がよみがえって仕方ない。
うらやましくて仕方なかった。仕方なくてつまらなかった。
それで割と静かにしていた。

私は練習をしないのに目標だけは高い困った人間だったから、湧き上がってくるのはうちひしがれていた思い出ばかりだ。だから浮かれている人間のことはよくわからないけれど、沈んでいる人間はなんとなく考えていそうなことがわかるように思う。

この後、じぶんに絶対的に足りていないものに直面して苦難の道を辿ることになるはずだ。

モダンジャズの根幹である「即興で演奏をせよ」という精神にはどうにか慣れた。それはいい。
その後、ではそれは音楽か。と問われて答えることができるか。



以下ちょっと長く書く。
【付記】
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。