FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.07.13.月色
にんげんを二十四年ばかりもやってきたが、まさか掛け軸を貰えることがあるとは思ってもいなかった。




何でも『秋がやってきたというのに詩も酒も用意がなかったなら、その月の色をいったいどうすればよいのか』、という意味の詩だそうだ。やや正確でないかも知れないが。

書をたしなむ友人が春にくれた品であり、はっきりいってかなり気に入った。じぶんも筆が好きなため、この達筆ぶりはしかし少し悔しくもあった。

それにしても、いつごろの詩なのか詳しく知らないけれど、何百年かもう少しくらいか前の中国大陸に、じぶんと同じような風流人かぶれがいたのだな、と思うとなんだか感慨ひとしおである。断言してもいいけれどろくな人間ではないしろくな生き方はしなかったに違いない。

同士よ。いったい君の月は冷たかったですか。

そうですか。そうですか。
でもそれがまたよかったのでしょう。
でしょうでしょう。
まあお呑みなさい。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cutyskybeauty.blog62.fc2.com/tb.php/127-5b794cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。