FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2004.12.12.齟齬
某所のWEBサイトをつい先頃まで管理していた。最後の仕事として(極秘裏に)この「拾遺」をリンクに追加しておいたのだけど、どうも真意がうまく伝わりきっていないようだ。

コトバで心を伝えることのなんと難しいことか。

野暮天は承知の上で、あらためてここで申し上げておくのがHP係としての最後の責務であろう。

荒野の一ドル銀貨 牛!

これはギュウと読む。

今年の初め何の気なしにつけたサイトの副タイトル「がんまんは牛に乗って」、狂牛病を取り上げたアエラのコピー(モーケッコウ)、そして最近掲示板で話題に出た「盲導牛」に至るまで、どうも牛に縁があるような気がしていた。

秋頃に新規のリンク追加がいくつか続き、リンクページには「new!」と威勢のよい語が並んでいる。それでついでに「牛」と洒落てみたのだけれど、伝わらないのでは元も子もない。

先ほど友人の読者に、「ニュウ、ニュウ、『ウシ!』と読んでいた」と明かされた。
「ウシ!」ではやや意味が前衛的にすぎる。

荒野の一ドル銀貨 乳!

このようにあらためようか、とも一時思った。
けれどこれはこれで媚びすぎているようにも感じられてきた。
むしろ説明をしすぎて野暮におちいってはいまいか。

風流の対極、それが野暮である。断じて避けねばならない。
かといって、

荒野の一ドル銀貨 ウッシッシ

ここまで開きなおりきることも、やはり、出来ない。

焦点は次第に「粋か野暮か」ではなくなってきている。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cutyskybeauty.blog62.fc2.com/tb.php/23-cb521661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。