FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2004.03.11.The Cherry Blossom Revolution
「葉桜」が気になっていた。

例えば色男、という言葉は、「男」に、形容するコトバ「色めかしい」がくっついている。醜男(ぶおとこ)は「ぶさいく」な「男」であり、優男(やさおとこ)は「やさぐれ」た「男」である。雨男だの火男だの年男だのといった、説明するコトバをすべて取り払った「男」が基本形なのに違いない。そしてそうだとするならば見過ごしがたいコトバがある。

葉桜である。

桜は一年に一度、春の陽気に誘われるままに羽目をはずす樹木である。枝という枝に花を散りばめて咲き誇り、狂い咲く。危うげな美しさにもさることながら、その狂った勢いに心打たれずにはいられない。

けれど一年の大半はいたって物静かに過ごす彼なのである。正気に返るや否や葉をつけ、夏を緑に彩り、秋には装いを替え、冬には葉を落とす。桜の基本形は何か、と聞かれたら、「葉」だ。彼の生活を支える葉を無視することなど、とてもできないではないか。

なのに「桜」というコトバにわざわざ「葉」がつく。「桜」が基本形なのだ。花という二・三週間のアバンチュールにこころを奪われ、それこそが本来の姿であり、その他は花への助走なのだとみなす。のだ。狂っているのは、人間の方だ。


         * * * * *


などと書いていた。もう四年前のことだ。

このとき十九歳、私という人間はずっと不連続に連続してきたはずなのに、もう自分のうちのどこにもこの黒いほのかな怒りは見当たらない。書いた当初はそれなりに斬新な意見だ、と思っていたはずなのだけれど。

それにしても、二十一世紀の技術でも桜を咲かせ続けることはできないのだろうか。葉をつけていない桜はたぶん光合成できない。ということはつまり絶食しているのに等しいだろうから、あまり長く続けさせるとよくなさそうだけど、一年中花をつけるようになったらこれは革命だ。人も樹も春ひとときのアバンチュールというわけにはいかなくなる。狂いっぱなしなのだ。

人はむしろ冷静さを取り戻すだろう。

そしてこれは想像だけれど、今までそんな研究に誰も挑まなかったわけがない。桜が大好きな日本人だ、同じことを考えたものは一人や二人ではないだろう。なのに実現していない。

と、いうことは、闇の組織の妨害があるに違いないのだ。

つかのまの狂気をいつくしむ会。
をかし感をてがかりに生きるひとびとの会。
日本にわずかながら残る「をかし感」を保存する会。

ヲカシ・ディフェンディング・アソシエーション。

O.D.A.だ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cutyskybeauty.blog62.fc2.com/tb.php/43-8597682d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。