FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2004.04.04.独桜
ほぼ毎夜出歩いていて、ほぼ毎日夜桜を見ている。

三分五分、七分、全開、散花。と狂ってゆく桜の様子を、半月、朧月、曇天、雨天、快晴、迷子、とあらゆる夜の下で観てきた。予定が白紙だからできることだ。

今夜は少し欠けた月、よりかかるとやたら心地よい一本の桜の、散り始めた狂気を透かし、眺めた。ほとんど鼻血が出そうな危ういうつくしさに呑まれる。

ここに酒があったならもう軽く切腹するしかなかった。冷たい情感にいだかれて、しかしあいにく金も刀もない、ただ空を見上げる。酒無しで月見・花見というのもなにか、そばにつゆをつけずにいただく通人のようで、どこか通な気もした。

をかしな春の夜である。明日も予定はない。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cutyskybeauty.blog62.fc2.com/tb.php/45-dc71d3fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。