FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.04.25.sexy&17
部室から研究室に向かう途中、犬を連れた老婦がいた。

チバ大では、近隣からふらっと来たらしき人をよく見かける。たいていは犬や子供を具している。この婦人も散歩にでも来たのであろうか、若葉を揺らす銀杏並木の下で立ち止まり、もこもことした犬を見やりつつ、足を止めて学生と話していた。

すれ違った一瞬こんな会話が聞こえた。

「そうなのよほらもうだいぶ脚にきてるのもう年寄りだから。これで17歳だったかしら。もうほんとよぼよぼなの。人間で言うと98歳くらい」

その後何度も考えてみた。

17×1=17
17×2=34
17×3=51
17×4=68
17×5=85
17×6=102

何か未知の数値が、102から引かれている。

振り向いてみてわかったのだが、学生はどうやら新入生、慣れない場所をうろうろするうちいきなり世間話を持ちかけられ、立ち去るタイミングをはかりかねたまま、ただただ婦人に相槌を打っているようだった。

薄いきつねいろをしたその犬はふるふるしていた。

*この記事の掲載後、掲示板に指摘があり、どうも犬の年齢を換算するときというのは単純な比例計算はしない、ということなのだとか(情報提供Fさん)。

しかしそれにしたって誰が算定してるんだ。犬の百歳って。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cutyskybeauty.blog62.fc2.com/tb.php/74-b4e76ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。