FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.07.22.やさしく雨ぞふりしきる(五)
ここまでの推定に従うならば、「私晴」もやはりごく狭い範囲での晴れだと考えられる。だが恐らく、ただくるりと定義を裏返すだけでは「私晴」は実現できない。

私雨が、私雲というものをぽんと仮定することで思い描けるのに対し、「私晴」は「私的な空間だけ晴れている状態」という、なんとももってまわった想像力を必要とするからである。

全天がくろくもに覆われている最中にあって、ひとの真上、かなたの雲海に、三十センチばかりのぞく、晴れ間。

まずずぶ濡れだ。

雨ははるか上空から垂直に落ちてくるものばかりではあるまい。ただ穴を空けただけではどうにもならない。少し風でも吹こうものならたちどころにぬれねずみではないか。ひとの歩くのについてゆく、という最重大課題も相俟って、その制御の困難さは私雨の比ではないだろう。

想像も及ばないほどの未来、遠い時空でもしかしたら実現されるかもしれない「私晴」。だがなんとか今、現在只今を生きる我々も体感してみたい。古人はいつだって技術の不足を創意で補ってきたではないか。

知恵を絞った。「私晴」に求められる条件とは何だ。

まず、「オフィシャルには」雨であること。公雨の状態で「パーソナルに」晴れていればよい。部分的に雲を晴らすのが難しければ、最大限に晴れに近づくにはどうしたらよいだろうか。「晴れ」とはいったい何だ。つきつめてゆけばそれは「ぬれない」ことではないだろうか。

「パーソナル」に「ぬれない」。この難題を実現させるにはどうすればよいか。最低条件でよい。最も簡単に実現するには。

公雨をさえぎるものが頭上に、欲しい。
それは持ち運べることが望ましい。ひとについてゆく、という移動面での課題をクリアできるからだ。とすれば軽い素材の。

そうたとえば、水をはじく、布か紙のような軽いもの。
それを頭上にかざす。
携帯しやすいように、折りたためるとまた便利だ。軽い金属か何かで骨組みをつくり、布地に通せばよいのではないか。面積効率を考えて、展開した形は円形に、紡錘形のふくらみを与えて、持ち手をつけ。軽く装飾を施せば。


できた!



watakushihare.jpg


ちょうど思い描いた通りのものが自宅にあったので紹介したい。これこそが現代型の「私晴」だ。到底実現不可能と思われた無理難題が手持ちの技術で解決できた。感無量である。






書いているうちに梅雨が終わってしまった。時節は盛夏へと移り変わり、夕立と雷雨が楽しみな季節である。たまには傘をさして歩いてみようか。それはそれでまたいとをかしかと思う。

今回の表題「やさしく雨ぞふりしきる」は、古典の名著『火星年代記』から。

比喩がとてもきれいな本です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cutyskybeauty.blog62.fc2.com/tb.php/90-f067f82d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。