FC2ブログ
荒野の一ドル銀貨―ブログ版
更新者

ひつじ

平凡なひつじです。
風流かぶれのをかしな日常を
ルポルタージュしています。



はじめに



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  05  11 



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



--.--.--.スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2004.02.22.定演ルポ・2
最初の出番が近づく。

ソデで控えて前のバンドの演奏を聴いている。ここは奏者のほとんどが四年生で本番直前まで忙殺されていた(うちひとりは当日朝に単位の件で教授に呼び出されていた)はずだった。なのにかっこよい。さすがである。

出番、こけだまばんど。一曲目「イスラエル」をなんとか終えて、二曲目「風とともに去りぬ」に入る直前、一昨年の夏の合宿あたりまで同じバンドにいたベースの友達が客席の最前列に滑り込んで来た。なんということをしてくれるのか。一年半の成長のアカシを見せろということですか今ここで? 岩を飲み込んだような気分になった。胸が腕が重い。それでも顔には出さない。

プレッシャーに耐え、なんとか出番を終えてスバやく退場した。抱えているたくさんの課題のうち、途中でやけくそにならない、というのと、座らずに立って弾く、ということ、それだけは守れたように思うけれど、実現できたのはそれだけかもしれない。そんなものははっきりいって基本ではないか。他にいくつも目標があったではないか。ブラボーという声はあがったか。花束は投げ込まれたか。控え室にファンはやってきたか。アンケートに名前は書いてあるか。何より、楽しんで弾けたのか? いったい?

しかし凹んでいるひまはなかった。プログラムは続いている。数時間後、もうひとつの出番がやってくる。

そのバンド「ブラックメケメケ団」は異端だった。
異端にはハードルがある。

以前ボクシング番組で、両手を前にだらりと下げた「ノーガード戦法」を実践しているボクサーを観た。マンガ「明日のジョー」で有名なこのスタイルが、実際の試合でまず見られないのは、ひとえに「相手がパンチを入れていい部分はすべてガラ空き」という巨大なリスクに対して、「こちらの有利になる点がほぼ、ない」からであり、実践するものによほどの実力が伴っていなければ単に自殺行為でしかないからだ。そしてこの場合はまぎれもなく「ほぼ、ない」場合、つまり自殺行為で、まもなくボクサーはリングに沈んだ。

異端なものは、底力が伴っていなければただそれだけなのだ。おかしげなものをきちんと演奏してこそ、をかしであり、クールなのではないか。そう思っている。

そして私は、バンドマンである以前に、個人として、アウトへの欲求に取り憑かれた人間である。じゃずではあまり正統でないギター、あまり正統でない髪の立て方・様相、そういうスタイルを貫くならば、堂々と胸を張れるだけの演奏をしなくてはいけないのだ。ふざけきっているように見えて実は違う、変なギターなのにかっこよい。これ以上にミスマッチなものがあるか。「をかし」以外にいいようがあるか。そしてそうでなければただの道化であり、こっけいなだけなのだと思う。私、および私のバンドには有無を言わせない確かなものがどうしても必要なのだ。

ただふだんはそんな理屈は忘れている。出番まで、なにかかっこよい弾き方はないかと無心にあれこれやっていた。事前に、当日は直前に練習などせずいち観客としてステージを見よう、と決めていたのだけれど、不安で客席に落ち着いてなどいられない。そうこうするうち、一つ前のバンド、知り合いの占い師による「ドラム破壊活動」が終わり、いつのまにかそのときが来た。ステージに向かう。

(演奏)

死ぬような思いで退場した。
ちゃんちゃら&いとをかしだ。一年越の絶望である。何をしてきたのか。私わ。

だが死んでいるひまはなかった。
かっこよさげな演奏が眼前で行われいる。

プログラムは続く。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cutyskybeauty.blog62.fc2.com/tb.php/92-3b64e740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。